業務案内

Services

人事管理制度の構築、運用支援
(人事考課制度、賃金制度の設計)

経営理念に基づき従業員に求める役割(仕事)は何か、その役割(仕事)を達成するために実際にどれだけ行動したかということで人事考課を行います。

一言で『人事管理制度』と言っても、色んなアプローチの仕方があります。しかし共通して言えることは、人件費削減のための制度では従業員は付いてきてくれないということです。なぜなら、従業員はそれぞれの『思い』や『気持ち』を持った人間であり、お金を払って買う『物』ではないからです。

企業が、従業員の持つ何に対して価値を見出しそれにいくら払うかということ、言い換えれば従業員が自分の持つ何を商品とし、それをいくらで売るかという価格表(基準)について、双方が理解納得し初めて適正な取引が成立すると言えるでしょうし、運用の仕方によって、双方とも基準そのものの水準を高めていくことも可能です。

当事務所では、その価値判断基準を『潜在的に保有する能力』ではなく、『仕事』において人事制度を構築します。つまり、従業員はどのような能力を持っているかということではなく、経営理念に基づき従業員に求める役割(仕事)は何か、その役割(仕事)を達成するために実際にどれだけ行動したかということで人事考課を行います。